カウンター 忍者ブログ 
11 2017/12 01
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
文系OLから建築士に転身した「りんちゅん」と その相棒コザクラインコの「ちょび」が 鳥、建築、音楽など、あらゆる生活のシーンを 独自の視点でコメントしています
[16] [15] [14] [13] [11] [49] [8] [7] [50] [4] [3]
2017/12/12 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/05/31 (Wed)
今月はよく実家に帰ります。といっても2回目だけど。

ダルメシアンのパールのシャンプーをしました。

e07f5bba.jpg






元々の飼い主さんと東京で暮らしていた頃は、どうやら子犬の頃から
室内で飼われていたようですが、我が家では庭で飼っています。
スキあらば、家の中に侵入しようとしていますが、そこはキッチリと
ダメって言ってます。
でも例外的にリビングに上がれる時があります。
それはシャンプーの後。
毛が短い犬なので、ドライヤーで乾かすほどでもないかな?と思い、
部屋の中で自然乾燥しています。毛が乾くまで、パールはリビングに
いることを許されているのです。

みんなと一緒にリビングにいられる!!
パールはテンション上がりまくりで、ちっとも落ちついていません。
ウロウロウロウロ、部屋の中を歩き回って、いろんなところの臭いを
確かめて、ちょっと人間にちょっかいかけてみたり、ゴミ箱ひっくり返して
お母さんに怒られてみたり。
父と母と私という家族の中で、私は「一緒にふざけてくれる人」と思われているらしく、
こういうとき、やけに絡まれます。「遊ぶか?遊ぶのか?」って挑発されてる感じ。

今回は3人の家族に加え、一人来客が。
犬の飼育ド素人の3人に比べ、彼は長年犬を飼っていたエキスパート。
大の犬好きでもあります。だからさすがに扱いがうまい。
何が違うのか分からないけどうまい。タイミングが違うのかなー。

私達ド素人3人は、犬に顔をなめられるのがダメで、パールに顔を寄せられると
「やめてー!」と言って顔をそむけて逃げてしまいますが、彼は平気。
顔をベロベロなめられてる。真似できない。絶対。
でも犬と心を通わせるためには、顔をなめられなきゃいけないんでしょうか?

今回はいつもに増してハイテンションになったパール。
とうとうじゃれて、私は頭から覆い被さられ、押し倒されました。
最初は笑ってたんだけど、だんだん「マジで噛まれるんじゃ…?」と、
ビビってしまった。
犬好きな彼は余裕を見せていましたが、だんだんパールがエスカレートしてきて
とうとう背中によじ登りはじめたのです。

92c846a2.jpg







これって、どういう表現なんでしょ?
パールはメス(避妊手術済)なんですが、なんだか背中によじ登るときの
その腰付きがヤバい感じなんですけど…いいのか?
よじ登って頭を超えて降りていくのですが、本人はとても楽しそう。
楽しそうだったらいいのかな…。
彼は背中に乗られているので、そんな腰つきの怪しいパールの様子が
見えていないから、わははははー!って楽しそうに笑っているけど、
私と母は何とも言えない表情で見守るしかないのでした。

もしこんな犬の行動について、何かご存じだったら教えてくださいな。

ではまた。

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
BENCH FACE


*ADMIN*
*link* 
*comment* 
*category* 
*entry* 
nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]