カウンター 忍者ブログ 
10 2017/11 12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
文系OLから建築士に転身した「りんちゅん」と その相棒コザクラインコの「ちょび」が 鳥、建築、音楽など、あらゆる生活のシーンを 独自の視点でコメントしています
[48] [47] [46] [45] [44] [43] [41] [42] [40] [39] [38]
2017/11/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/11/26 (Sun)

住宅ローンの審査が通りました。
12月初旬の決済日には、土地の契約の決済も兼ねて、土地の売主さん、
仲介の不動産会社、登記のための司法書士、住宅ローンの銀行担当者も
同席してあわただしいく、いくつもの手続きが行われるそう。

当日、住宅ローンの契約書に名前を記入したり実印をついたりしていると
時間もないし、ゴチャゴチャになるし、皆さんをお待たせするとの理由から、
本日、先に書類だけ作成しておくことになりました。
当日、忘れ物をしたり、記入に失敗するようなことがないように。
「契約の当日にそんなポカする奴、いねーよ。」

私の両親から頭金の援助を受けるため、私も一部住宅資金を出したという
ことで、登記の際は持分を設定することに。
なので、住宅ローンの支払いはしないけども、共有持分があるので、
「担保提供人 兼 連帯保証人」というものになることに。

よくテレビドラマとかで「連帯保証人にはなっちゃいけない」とか
「気軽にはんこついちゃいけない」とか言われるので、内心ドキドキ。
ホントにこんなことしちゃっていいのかなー、って思うけど、
実際、どうなるのかってうぃうと、夫名義の住宅ローンの返済が滞ったとき、
一旦、私に請求が来て、それでも返済不可能なら取り上げられてしまう、
ということ。
多分、夫が返済不可能になっている頃には私も不可能だろうから、
一気に取り上げられる前に、私に請求が来る、というワンクッションが
あるだけなのだろうか。私も破産しちゃうってことなのかな。

さて、ローン契約には色んな証明書が必要。
連帯保証人になる私も、住民票と実印と印鑑証明がいります。
印鑑証明は住所を移すときに、ついでに市役所で登録しておいたので、
新たに登録は不要、印鑑証明だけ発行してもらえばOK。
あれも持った、これも持った、と持ち物を確認していざ、JA兵庫六甲夙川支店へ。

え?都市銀行の住宅ローンじゃないの?と思われるでしょう。
ふふふ、通なところでJAにしてみました。
夫の会社の関係で、大手都市銀行でもキャンペーン金利から更に1.2%金利優遇、
とかかなり有利な形で住宅ローンを借りることができたし、
やっぱり金利固定の住宅金融公庫のフラット35にしようかとも考えましたが、
色々調べた結果、どうもこのJA兵庫六甲のキャンペーンが一番お得。
私たちのように、土地と建物を別に購入しても、ひとつにまとめてローンを受け、
そして土地や建物の決済ごとにローン決済をしてくれるしその間、借りていない
分は金利据え置き。
当初10年と11年以降で金利が上がるけど、それでも他のローンと比べて総費用で
かなりお得。
残念なのは今年の6月までのキャンペーン金利だったら、もうひとつお得だったこと。
少しずつ、金利は上がってきています。

このローンを見つけた時、会社で同じように住宅ローンの審査を間近にしていた
人に、「すごいお得なやつ見つけたんですよ!」と教えてあげると、その人は都市銀行
の住宅ローンで予備審査も終わっていたのに、「俺もこっちのローンにする!」と
変更を始めたくらい、お得でした。
でも残念ながら、その人の新築の土地建物は大阪府内。
JA兵庫六甲のローンを使うには兵庫県内というのが大前提でした。

さて、契約書の説明を受けながら、書類に記名、捺印していくのですが、
記入する住所は省略せずに住民票の表記とあわせて、など、何だかいつも住所
氏名を書くのとは要領が違い、緊張ぎみに。
夫が先に書類を渡して記名、私の番になり、印鑑証明を渡して実印を取り出して・・・
あれ?なんか違う。
印鑑証明の印影と今、手に持っている実印の印影が違うように見える?

ヤバい、契約書に印鑑証明と違うハンコを押したりしたら、絶対ヤバい。
でも、「あ、このハンコ違う」なんて間抜けなこと今更言ったら、絶対怒られる。

冷静に考えれば、このままでは契約は成立しないのだから、早く正直に言えばいいのに
まるで先生に怒られるからギリギリまでウソをつき通してしまった小学生のように、
固まりながら頭の中がパニックになっていました。

も、もうダメだ、これ以上黙ってたら契約行為が進んでしまう。
今、吐いてしまおう!
「あれ?この印鑑、印鑑証明の印影と違って見えない?」
精一杯シラを切ったような言い方をしてみました。
明らかに夫の怒りに満ちた反応が。
「この期に及んで、今更、何を言ってるねん!」

担当者が印鑑と印鑑証明を交互に見比べたり、紙に押してみてチラチラ動かしたり
して確かめていますが、その間にも私は思い出し始めていました。
うわ、違う。この印鑑、昔の古いやつや・・・。
何年か前、お母さんが占い師に何十万も騙し取られた感じで(本人は信じている)
買わされた、私のための開運印鑑を「ちゃんとこれ使いなさい!」って押し付けられて
そっちに変えたんやった・・・。印鑑証明も新しいので作ったんやった・・・。
うわー、何で古いの持ってきたんやろ、あれはもう使わないように別のポーチに入れて
あったのに・・・。
そう、その別のポーチ一式を持ってきていたのです。

「ま、今日は奥様は実印は押すことはできませんけども、当日そんな間違いがあっては
困るということで、本日、別の予備日に契約書の作成をしておりますので、
当日、ちゃんとした実印をお持ちいただいて、押していただければ問題ありませんよ。」

怒りに満ちた夫の顔と、完全に血の気が引いた私の顔を交互に見比べながら
JAの担当者は説明してくれました。
「契約の当日にそんなポカする奴、いねーよ。」
契約日を迎える前に、私が思っていた言葉が頭の中で繰り返し響きます。
とりあえず今日は書類の説明と記名、夫のみ押印して、私は当日か事前の別の日に
ハンコだけ押しましょうということで。
「くれぐれも印鑑証明と同じハンコで。そのハンコがなければ、必ず印鑑登録しなおして。」
と何度もクギを刺されました。

ああ、なんでこんな「間抜けな奥様」みたいな目で見られるのか。
私はそんなにアホじゃないのに。
私、仕事も一人前にこなす、立派な大人なのに。
(でも、注意力散漫といつも言われる)

かなり打ちひしがれながらも、自分の欄に住所・氏名を記入することになりました。
「連帯保証人」という文字が目に入るだけで、なんだかいけないことをしているような
罪悪感にさいなまれるというのに、その「連帯保証人」という私のタイトルの前に
手書きで「担保提供人 兼」という文字を書き入れろというのです。
そんなの、ハンコかワープロで先に記入しといてくれよー。と思いながらも、
「字を間違えないように、このように記入してください」と担当者がメモに書いてくれた
「担保提供人兼」という文字を見ながら書くことに。
いつもは「私は字がキレイ」と豪語しているけども、担当者のちょっぴり下手な
「担保提供人兼」を見ながら書き写していると、下手が乗り移ったように、こちらの
字も下手クソに。
ひーん、字が変になっちゃったよー、と思いながら、まずは住民票の表記どおりに
住所を書く。

「あ・・・最低・・・・。」
書き始めた瞬間から私は気づいていました。
間違えて、「住所」の上のエリアの、今回契約書では余白の部分、
「連帯債務者」のところに住所を書き出してしまった・・・。
わっ、やべー!
でも、でも、でも、もう止められないよー。書ききるしかないよー!!!

明らかに顔を引きつらせながら、間違った欄に住所を記入し、
ひとつ欄を大きく空けて、
「担保提供人 兼 連帯保証人」のところに名前を書き入れました。
そんなの、大きく1行あいてて、明らかにおかしいだろ!

でも窮地に追い込まれると、むちゃくちゃと分かっていても、もうごまかすしかないと
シラを切ってしまうものなのですね。
まさか自分が、こんな下手なシラをきりとおすという行動に出るなんて、思っても
見ませんでした。

書き終えて、契約書を担当者に渡しながら、たまりかねて、
「あれ?私、住所書く欄、間違えたかな~?」
なんて言ってみました。

夫は完璧に怒り心頭、「いいかげんにしろっ!」と吐き捨てます。
担当者は「うーーーん、また微妙~なところに・・・」と、もう絶対契約書自体
書き直しなのは分かっていながら、やさしさなのか、場の雰囲気を取り持つためなのか、
一応、このまま使えるかどうか、悩んでみたポーズをした後、
「もう一度、最初から書き直しましょうか!」
と明るく切り出して、契約書を取りに応接室を出てしまいました。

「契約の当日にそんなポカする奴、いねーよ。」

ああ、もう私、一体どうしたのっ!!!

救われたのは、その後のシラーっとした空気の中、私の顔が、今までに
見たことないくらい引きつって、パニクっているのが見てとれたらしく、
「怒っても仕方ねーな」と諦めた夫が、声に出して大笑いしてくれたこと。
それでもかなり怒ってはいたと思いますが。

救われたとはいえ、自分の情けない失敗の連続に、かなり凹みながら
契約書と他の色んな書類に、私は「記名だけ」済ませました。

言われると最も腹が立つ言葉。
「注意力散漫」

いつになったらこの言葉の呪縛から脱出できるのだろう。
いつも気をつけようとは思っているのに。

猛省。

神戸市内は雨

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
BENCH FACE


*ADMIN*
*link* 
*comment* 
*category* 
*entry* 
nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]