カウンター 忍者ブログ 
08 2017/09 10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
文系OLから建築士に転身した「りんちゅん」と その相棒コザクラインコの「ちょび」が 鳥、建築、音楽など、あらゆる生活のシーンを 独自の視点でコメントしています
[101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91]
2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/01/27 (Sat)

先週は建築コーディネーターさんがインフルエンザのため
打ち合せ中止。
今週、2週間ぶりの設計打ち合せに。

・・・早くしないとさー。ホントは12月半ばに着工だったのに。

3階建て(RC半地下+木造2階建)から鉄骨架台の上に木造
2階建案になったけど、依然として予算オーバーはなはだしく、
こちらの提案で面積を45坪→40坪に減らした案で再見積を
お願いしていた結果がもらえるはず。
5坪(10畳分)面積を減らして、単純に今、坪75万くらいしてる
んだから(高いっちゅーのに。)375万くらいは減るかな、と。
ま、そんな単純なもんじゃないけど、少なくとも鉄骨架台にかかる
工事費が減るような方法で面積を効果的に減らしたつもりなので
期待は高まります。

2900万。
たいして減ってねー・・・。

古家解体+新築で、当初の仮契約の価格が2600万。
2番目に気に入ってたプランを提案してくれたハウスメーカーが
2800万。
だったら3階建ての2600万でしょーって契約したのに、
古家を解体してみたら、思いがけなく斜面が急で見込みが甘かった
といって、着工直前になって1100万UPの3700万に。

構造を含め大幅なプラン見直しということで年をまたいで
2階建案で3100万に。
そして建築面積を減らして2900万に。

んーーーー。
3700万かかるって言ってるものを契約したんだから2600万にしろ、
という無茶は、契約上通るけど、そんな「業者いじめ」みたいなことを
しても仕方ない。施工の精度も下がる。そう思って、大幅なプランの
見直しをかけたり、床面積を減らしたりしているのに、それに忠実に
見積もりをしてくるだけで、契約の2600万に近づけようと言う努力の
跡が、正直言って見られない。

敷地内に仮設住宅を建てたから、作業スペースが減った(作業員の
駐車場スペースが減った)とか、施主が近くにいるから仮設・養生が
大変になった、なんていう理由も言ってたけど、土地が広い分、作業
スペースは一般の住宅建設を思えば十分すぎるほど残してあるし、
仮設住宅だって作業エリアからの距離で言えば、隣の家より遠くに
離してある。それを理由に何百万もかかるとは思えないよ?

ま、施主が近くで見張ってるっていうのは、施工にとってはプレッシャー
に感じるかも知れないけど、別に普通に作業して、ゴミを散乱させたり
しなければ文句が出る訳でもなし、昼間いないんだから作業中の
チェックなんか出来ませんって。

かつて、設計で担当したマンションの現場で、造成工事中に施主が
毎日現場を訪れ、敷地の外から双眼鏡で眺めていたり、現場監督を
質問攻めにして、現場監督がヘロヘロになり、挙句の果てには
既製品の擁壁のつなぎ目にテレホンカードが入る隙間がある、
といって、工事を中止してしまったことがあったけど、
そんな病的に細やかで工事を止めてしまいかねない施主もいるから
恐れているのかな、とは思うけど。
だからって、仮設費を今までの200万upってのはねー。

何百万も減額しろって言ってるのは申し訳ないとは思うけど、
既に早く見込んでも着工が2カ月以上遅れ、住宅ローンも始まってて
色んなところでお互い損害が発生しはじめてるし。

正直、私一人の勝手な考えでは、もうこのまま値段が折り合わず、
白紙にして契約解除、今までの分を清算して、ハウスメーカーに頼みたい
気分ではある。
でもそうなると、設計費、解体費とかいろんなお金を誰がどう払うか、とか
今まで尽力くださった設計や建設コーディネーターに申し訳ない気持ちとか
複雑な感じになっちゃう。

同じタイミングでS林から、設計のラフ画があがってきました。
まだ金額は分からないけど、とりあえずボリュームや間取りに問題ないか
確認してから構造の検討に入り、概算金額を出したいとのこと。

今までとはまた違った雰囲気の設計で、玄関まわりのアプローチとかが
とても気が利いててオシャレ。
外の景色の取り込み方、眺望に対する比重の置き方とかが、とてもよくて
いい感じ。
でも狭い(笑)
S林は多分、ハウスメーカーの中でもお高い方だと思うので、基礎が重厚に
なってお金がかかることを恐れ(?)て、できるだけ建物をコンパクトにしようと
したらしい。
延床面積30坪。
ちょーっとリビングや主寝室がちょーっと窮屈。将来子供部屋(当面書斎)も
4.5畳2室を1室にしてある。
値段にあまり影響しない部分で将来部屋にもできる部分でちょっと面積を
増やしてもらって、35坪くらいにしてもらいました。

住宅が得意な、有名な建築家が「普通の家なら33坪ありゃ十分なんだよ」と
本音を漏らしてたのを聞いたことがあります(笑)

このプランで構造を検討、2週間後に概算金額が出る、とのことでしたが、
ちょっと怖い。予算オーバー気味なんだろうなー。
頑張ってほしいな。
2週間後、本来の設計の方も結果を出している頃だし。

ちなみに、以前、2番手だったハウスメーカー2800万(値引き交渉前)にも
「まだあのプランで行ける?」って聞いてみようかな。
あのハウスメーカーも若干、読みが甘かったような気がするが。



PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
BENCH FACE


*ADMIN*
*link* 
*comment* 
*category* 
*entry* 
nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]