カウンター 忍者ブログ 
08 2017/09 10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
文系OLから建築士に転身した「りんちゅん」と その相棒コザクラインコの「ちょび」が 鳥、建築、音楽など、あらゆる生活のシーンを 独自の視点でコメントしています
[91] [90] [89] [88] [86] [87] [85] [84] [83] [82] [81]
2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/01/18 (Thu)

阪神大震災から12年が経ちました。
あんなに恐ろしい体験をして、お友達を亡くして、でも12年経つと、
この日をニュースに教えられるようになってしまいました。
忘れちゃいけないと思っているのに、日常に追いやられてしまう。

私は当日ひとり暮しのOLで、お茶の初釜を終え、
拘束着のような振袖を脱いで「明日からまた会社じゃ~」と嘆きつつ、
早めにベッドに入って爆睡していました。
どうやって目が覚めたのか分からないけど、
気付いたらベッドに座って壁にしがみついていました。

真っ暗な部屋でただただゴーっていう豪音しか聞こえない。
遊園地のアトラクションに振り回されるように体を振り回され、
宙に浮くような無重力に襲われる。
よくタレントさんがテレビでロデオマシーンに振り回されているけど、
あんな感じかな。

これは何かの天罰だと思いました。
終末になって私の世界が終わるんだと。

すごく長い時間に思え、これは夢かも知れないから叫んでみよう、
そう思って(冷静?)「イヤーっ」(半分「ぎゃー」に近い)って叫んでみたけど
夢は覚めなくて、現実か、いよいよ終わりか、と観念してしまいました。
後で聞けばわずかな時間だったというのに、私はいろんな事を考えていまた。

家が倒壊して命を落とした、とても優秀で美しい女性だった私の友達も、
わずかな間に色んな事を思い巡らせたのでしょうか。
中国からの留学生でした。

隣のリビングからガラスがはじけるような音がしました。
90リットルの海水魚の水槽2本が、テーブルから落ちずにガラスが爆発して
水と魚たちが吹き出して床に散乱した音でした。
え?ガラスの音?
と、そっちに注意が向くと、いつのまにか揺れが止まっていました。

ここまではすごくクリアに覚えているのに、その後は、切れ切れにしか
覚えていません。
リビングは海水とガラスと砂が散乱してその上を飼っていた魚が苦しそうに
はねていました。助けてやることはできませんでした。
テレビも冷蔵庫も食器棚も、思わぬ距離まで飛んでいて壊れていたけど、
幸い、私が寝ていたベッドには何も落ちてきませんでした。

ファミリータイプの間取りのマンションに一人暮らししていたので
周りの住戸の人たちはご近所でそろって小学校とかに避難していきましたが、
私は近所に誰も知り合いがいないので、一人ぼっち、
地元じゃないので小学校がどこにあるかなんて知らないし、
夜が明けてガス臭さが消えるまで、パジャマのままマンションの駐車場に
座っていました。
悲しかったなぁ。寒かったなぁ。
途方にくれるとは、こういうことかと思いました。

その後はバタバタで何がなんだか。
偶然、早い時間に実家の母からの電話がつながり、
「ひどい地震あったねー。大丈夫?」と、割と軽いノリ。
まだニュースを見ていなかったらしい。
緊張の糸が切れたように、急に泣き崩れてしまい、
「もうめちゃくちゃだよー」と訴えましたが、母には様子が分からないらしく
「ま、部屋の中片付けたら、お昼から会社に行きなさいよ。」
と言われ、切られてしまった・・・。
その後、母もテレビで、高速道路やビルが倒れたりしている様子を見て
これはヤバい、と分かったそうですが、もう電話はつながらなくなって
しまい焦ったそうです。とりあえず生きているということは分かっているけど。

それ以来、私の生活はバタバタと変わり、会社でも大阪から神戸に転勤
になったり、地震を期に大きく流れが変わってしまいました。
何もなければ、あのまま、毎日大阪のオフィスで面白おかしく日々を
過ごしていたのかなー。
あの頃の私が今の私を見たら、びっくりするだろうなー。
早々に玉の輿に乗って、優雅な専業主婦になるんだ、っていうのが
人生の目標だったもんなー。
なんで働いてんの!?なんでそんな年まで結婚しなかったの!?と
未来に絶望するかな。

日々の生活に追われて地震のことも、被害にあった人たちのことも
考えることがなくなってしまうけども、
年に一度くらいは思い出していこうと思います。
12年経っても色んな苦しみから抜け出られない人が、まだたくさん
いるようです。
私はいまだに地震に似た揺れとか、ヘリコプターの音(地震当日の
からしばらく、ヘリコプターが何台も上空を飛んでいて、夜になると
余震とダブってヘリの音が怖かった)を聞くと、ぞっとして変な緊張感が
走り脂汗がでます。
私でもこんななんだから、もっとひどい体験をした人にとっては
どれほどの苦痛だろうかと思います。

頑張れっていうのも無責任すぎるかも知れないけど、
いろんな人のいろんな辛いことが和らいでいけばいいなと思います。




PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
BENCH FACE


*ADMIN*
*link* 
*comment* 
*category* 
*entry* 
nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]