カウンター 忍者ブログ 
03 2018/04 05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
文系OLから建築士に転身した「りんちゅん」と その相棒コザクラインコの「ちょび」が 鳥、建築、音楽など、あらゆる生活のシーンを 独自の視点でコメントしています
[29] [28] [27] [25] [6] [9] [24] [23] [22] [21] [20]
2018/04/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/03 (Tue)
幼い頃から家族や親戚の中では自分が一番年下で、幼い子供に接することが
少なかったわたし。

多分自分が一番注目されて大事にされる存在でありたいから、
自分より注目される赤ちゃんとか幼い子供とか後輩とか新入りとか、
そういうものが少し苦手だったように思います。
(「後輩」はそのうち「よき仲間」に変化して、全然大丈夫になった。)

で、特に子供が嫌いだったんです。
こういうと「何て冷酷な人なの!?」と思われるでしょうが、だって、本当に
昔から子供とか赤ちゃんとか苦手で、友達が「あー、赤ちゃん、かわいー!」と
駆け寄っていったりしようものなら、私はどういう態度をすればいいのか混乱するばかり。
子供ってワガママだしうるさいし、自分で何もできないし判断力ないし。
「人間として半人前以下なんだから、大人同様の人間扱いをフルで与えてしまうのはよくない!」
と口に出したことはないけど思っていたり、
「どこがかわいいねん、あんたのその態度で私がいよいよ冷酷極まりない印象になるやん。」
と、子供好きな人を迷惑にすら思ってました。

姉に子供が生まれ、ようやく子供に接することには馴れたけど、どーも大人と同じ
判断力とか冷静さを強要してしまっているようで、「お姉ちゃん」と慕ってくれても
イマイチべったり溺愛できない…。大人と同じ接し方をしてしまう。
ペットならあんなにかわいがれるのに。

こんな私だったのに、近年、もう子供を持つ(産む)のには年齢的にリミットが
迫りつつあるという焦りからか、子供がイヤじゃなくなってきました。
それがこの1年でとても顕著に。(まだ子供好きとはいえないけど。)
街で電車で赤ちゃんを見ると、何故か涙が出そうになるの。
なんでーーーー?
なんか胸がいっぱいになって、意味なく感動しているらしい。
ほんっとに自分でも訳分からない。

結婚して半年あまり、まだ子供を産むことなんて具体的に考えていなかったのに
先日、思いがけなく妊娠の兆候があり、気付いて3日目には流産(化学的流産というらしい)
してしまってから、あまりのあっけなさに「悲しい」というよりは「惜しい」ような
気がしてどうも変な気分。

こういうのは子供を儲ける「潮時」なのか。
ただ単に「もうリミットだし、他の人に持ててるモノは自分でも欲しいんだもん」
という、ほとんど無いものねだり状態なのか。

先日、近くにある快適な温浴施設(スーパー銭湯ともいう)で、ひとりボーっと
湯につかっていたら、隣に赤ちゃんを連れたおばあさん(お母さんだったらびっくり…)が
入ってきて、それを見て、また涙していた私です。
微笑ましく思うならともかく、何故泣く?
変だ、絶対変だ。
何かが変化してきているぞ。わーーーっ(走り去る声)
PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
BENCH FACE


*ADMIN*
*link* 
*comment* 
*category* 
*entry* 
nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]