カウンター 忍者ブログ 
08 2017/09 10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
文系OLから建築士に転身した「りんちゅん」と その相棒コザクラインコの「ちょび」が 鳥、建築、音楽など、あらゆる生活のシーンを 独自の視点でコメントしています
[25] [6] [9] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [51] [17]
2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/09/04 (Mon)
なんとも久しぶりのブログ更新。
最初の1週間位は「あー、ブログ更新してない~」と後ろめたさがあったのですが、
あまりの忙しさにそれも過ぎると居直ってしまいました。
「書けないんだってば、忙しいから。」
誰に対してそんな「上から目線」で言い訳してるんだか。

最初はお盆前がピークで、それを越したら仕事も落ち着くから、
という話だったのが、必死で走ってゴールテープを切った!と思った瞬間に、
また1km先にゴールテープが移動してて、「え~?」とか思いながらも
仕方なく、残りの力を振り絞って走り続けている感じ。
体力的にも、それ以上に精神的にダメージが激しかったです。

毎晩残業で終電かタクシー帰宅。
夕食がついついコンビニ物(弁当、カップラーメン、おにぎり、調理パンなど)に
なってしまい、しかもそれを深夜に食べるもんで、太る太る…。
やっとひと段落付いた気がする今週から、マイクロダイエット始めることにしました。
1ヵ月後には誰だかわからないくらい、ペラペラに薄っぺらくなっている
予定なんですが、どうでしょう。

マイホーム計画(今時こんな言い方するのか?)の方は、一進一退を繰り返しています。

7月末頃に見つけたとても広いけど細長くて、ジャンプ台みたいな傾斜がある土地。

長期間放置されていたので草木が生い茂って土地の全容が見えなかったので、
家主さんに草刈をしてもらって、購入の判断をしようと思っていました。
しかし、8月のお盆前は草刈ラッシュ(?)らしく、気持ちは焦るのに、
植木屋さんの手が空かず、草刈実施は8月20日過ぎに。
約1ヶ月待たされている間に、仕事はどんどん忙しくなり、だんだん考えるのが
イヤになってきたりしました。

で、やっと草刈が終わり(草刈料が80万円もしたらしい)、土地の全貌が明らかに!

…思ったよりもすごい傾斜のすごい高低差でしたー。
うーん、1ヵ月半で建つ鉄骨プレハブメーカーの家を作るために、宅盤を整備したら
造成だけで1000万かかってしまう(笑)
プレハブ住宅に惚れ込んでいる訳ではなく、そこそこのものが早く建つからと
思って、かなり妥協して計画してるのに、年内入居を目指して急ぐ気持ちはあるけど、
これじゃ何の為に家を建てるんだか分からなくなってきちゃう。

見方を変えると、1000万かけて造成すれば、どんなもんでも建つということが
判明した訳で、土地は購入することにしました。
冒険?
ぱっと聞くと「そんなお金かかる土地、やめとけば?」と思うけど、
1000万かけてもまだ、土地そのものの金額が安いので、
そのエリアで100坪のまとまった土地の周辺相場からすると、
とてもお買い得なのです。
何でそんなに土地が安いのか?
別にいわく付きの土地でもなく、地主さんは立派な方。
でももう30年以上も住んでいないし、この傾斜、普通の人ならパッと見で引いて
しまうでしょう、と不動産仲介の方はおっしゃる。
業者向けに売り出したようでした。
駅まで徒歩圏じゃないし、バス停までも急な坂道を10分歩かなきゃいけないしね。
でもこの周囲の住宅街の人たちはみんな駅や仕事先まで車を使うようです。
庶民がついていけるかな?

夏バテとハードだった仕事の疲れと、1ヶ月計画が停滞してしまったダルダル感で、

「もー、年内入居間に合わなくていいじゃん。土地は決まったことだし、
建築士と相談して納得いくオーダーメイドの家建てようよ。重量鉄骨で
森の中に浮いたような感じのさー。」

というのが私の最近の回答。

それでもまだ、年内入居の可能性にかけたい夫に対して、

「土地広いんだからさー、空いてるとこに仮設プレハブ建てて
年内に引っ越せばいいじゃん。」

という恐ろしい提案をしてしまいました。

最悪、真冬に工事現場のプレハブみたいな仮設住宅に引っ越す、なんてことが
あり得るかも知れません。
ホントにやりそうで怖い。
PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
BENCH FACE


*ADMIN*
*link* 
*comment* 
*category* 
*entry* 
nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]